クレジットカードの審査の基本を徹底解説!

| コメント(0) | トラックバック(0)

クレジットカードを発行したいと思い、いろいろと調べていると、ふと心配になることがある。「自分はクレジットカードを発行するのための審査に通るのか?」と.......。

何故、このような疑問を頂いてしまうのか?それは、やはりインターネットなどで「審査が甘いクレジットカードは?」などの特集が組まれていることを散見できるからだ。

このような特集を組まないといけないほど「審査とは難しいのか?」と思ってしまうわけだ。ということで、ここでは「審査」についての、あれこれを解説していきたいと思う。

■そもそも審査に「緩い」「厳しい」は存在しない
はっきりとまず伝えておく。クレジットカードの審査自体には、甘いだの、緩いだの、厳しいだのといった「レベル」は存在していない。あくまで、利用者にカードを渡しても大丈夫か?の判断になる。

これを審査と言ってしまえばそれまでだが、問題ないか?の判断をしているだけなので、甘い・緩いとは意味合いが全く違ってくる。要は、「客観的な事実の比較」で発行可否を決めているということだ。

■各クレジットカード会社によって判断基準は異なる
クレジットカードを発行してよいか?の判断基準は、クレジットカード会社によって異なるという点。結果、とあるクレジットカード会社では発行できなかったけど、違うクレジットカード会社では発行出来た.......

、という状況ができあがる。この審査基準の差が「審査が甘い」、「審査がゆるい」といった相対的な比較が可能となってしまい、このような審査についての情報が発信されているわけだ。

■「普通」が審査のキーポイントになる
だったら「申込をしてみないと分からない」ということか?と、疑問が出てくる。これは、半分正解で半分不正解といえる。どういうことか?要は、過去に何かしらの支払いが滞っていたりした。

また、無職だったり、クレジットカードを何十枚も持っていたりと、このような特殊な状況は、発行してもらえない可能性が高い。反面、特に問題が無い人は、全く心配することなく発行できる可能性が高い。

このように、クレジットカード審査については、「大まかな判断」をすることは可能といえる。ただ、もっと詳しい情報が欲しいとなると、申し込んでみないと分からないということになる。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://minnesotacricket.org/mt/mt-tb.cgi/3

コメントする

このブログ記事について

このページは、minが2014年11月13日 14:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「クレジットカードとキャッシング機能の審査は全くの別物」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。